設計・監理

HOME > 設計/監理 > 電子納品サポート

電子納品サポート

1.完成平面図の作成支援

完成平面図とは、工事後の維持管理段階における道路管理図や次回工事発注図等として利用 されるものであり、「道路工事完成図等作成要領」に基づき各種属性情報をもった平面図のこと をいいます。
また、様々な利用方法が考えられ、特に「道路基盤地図情報」に変換しGISの共通基盤として 利用することで、管理図をはじめITS等の様々な目的に活用することが可能となります。
各種CADフォーマットで作成された図面を「CAD製図基準(案)」にそったフォーマットへの図面 変換作業から、現地測量作業、完成平面図作成作業を支援いたします。 また、「SXF Ver.2.0」または「SXF Ver.3.x」のどちらのフォーマットでも作成可能です。

2.道路施設基本データの作成支援

道路管理データベースシステム(通称:MICHI)の基となるデータである道路施設基本データを 作成するにあたっては、工事施設帳票の作成など工種毎に多岐にわたって入力手順が決めら れており、慣れないと非常に手間のかかる作業です。 また、道路施設基本データは電子納品格納データの対象です。完成平面図の作成と同様に、 連携作業のうちの一つとしてデータ作成をサポートいたします。

3.図面のSXF変換支援

忙しい現場作業の中で、「CAD製図基準(案)」通りのCAD図面を作成するというのは、結構骨が 折れるものです。基準案通りに作成できていない図面や、変換時に誤変換されてしまう図面など、 それらを基準案に沿った形のSXFフォーマット(sfc/p21)形式へと作成いたします。まずは、 電子メールにてでも送信いただければ、ご相談見積もりいたします。

建設コンサルタント 環境防災へのお問合せは