防災・保全

HOME > 防災・保全 > 温度応力解析

試験・調査・診断

ひび割れ診断及び修復提案

補修を考える上でひび割れ原因を特定することが、必須条件となります。 ひび割れの原因となる様々な要因を整理し、補修の要否の判定、補修する 場合の適切な方法などをあらゆる角度から検討することが求められます。 環境防災では、コンクリート診断士が直接現場に出向き、ひび割れの原因 を調査・診断し、適切な補修方法をご提案いたします。
構造物打設後、ひび割れ発生した
場合迅速に対応します。

その他、試験・調査・診断

1. コンクリートの配合・微細構造・化学成分

現場にて採取したコア供試体から室内試験(SEM・EPMA)により
配合推定・微細構造・化学成分などの分析を行います。

2. 鉄筋腐食調査

中性化深さ測定、塩化物含有量試験、自然電位測定などの調査手法により、
鉄筋腐食に関する様々なデータを測定します。

3. ひび割れ・剥離・空洞

電磁波レーダー・超音波・弾性波などの調査により、
剥離、ひび割れ深さ、空洞などの有無を調査します。

4. コンクリートの配合・微細構造・化学成分

現場にて採取したコア供試体から室内試験(SEM・EPMA)により
配合推定・微細構造・化学成分などの分析を行います。

5. アルカリシリカ反応

アルカリ骨材反応の疑いのある構造物からコア供試体を採取し、
残存膨張量、アルカリ量、反応性鉱物の有無などを調査します。

6. コンクリートの圧縮強度

コア強度・反発硬度法・超音波法による強度推定により、
コンクリートの圧縮強度・弾性係数などを求めます。
(環境防災は、材料試験所を保有しています)

鉄筋腐食調査状況
アルカリシリカ反応アルカリシリカ反応
 

建設コンサルタント 環境防災へのお問合せは