環境

HOME > 環境 > アスベスト(石綿)の分析調査

アスベスト(石綿)の分析調査から対策工事

アスベストによる健康被害が、大きな社会問題となっています。
アスベストは、石綿(せきめん、いしわた)とも呼ばれ、天然に産出する繊維状の鉱物の総称です。
熱、摩擦、酸やアリカリに強いため、建築物の天井や壁、自動車のブレーキやクラッチ等の摩擦材、電化製品等に使用されていました。アスベストは、肉眼では確認できない細かさで軽いため、飛散しやすい特徴をもっています。飛散したアスベストを吸い込んだ場合、アスベスト肺、悪性中皮腫、肺ガン等を発症するといわれています。そのため現在では、工場・病院・オフィスビルの早急な対応が求められています。
環境防災では、建材中のアスベスト調査から、アスベスト管理、処理方法まで一貫した流れで、個人住宅から大規模なビル・工場までさまざまなご要望におこたえできます。また、アスベスト対策工事における空気環境測定も行なっておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。

 

建築物のアスベスト診断(建材中のアスベスト確認調査)

平成18年10月の改正建築基準法の施行により、増改築時に石綿の除去等が義務づけられました。
また、平成18年4月改正宅地建物取引業法施行規則が施行され、アスベスト調査を重要事項説明として建物の購入者等に対しても説明義務が発生し、アスベスト有無の調査をしなければならない、あるいは客先より調査を要求されるケースが増えてきています。
設計図書及び現場目視による調査

建物の設計図面と現地の目視調査により、建物の竣工年、アスベストの使用の有無、飛散の可能性などを確認します。
アスベストの含有が疑われるときは、資料採取を行い、科学分析によってアスベストの種類、含有率等を判別します。

 
建築物のアスベスト診断
耐火被覆材

建材中のアスベスト分析

アスベストの有無・種類・含有率を厚生労働省通達に示された方法(JIS A 1481)により分析します。
クリソタイル・アモサイト・クロシドライト・トレモライト・マクチノライト・アンソフィライトなど
6種類のアスベストに対応しています。

1)建材製品(吹付け材・成形材等)中のアスベスト含有率分析

●定性分析
アスベストの有無をX線回折装置と分散染色顕微鏡で分析しアスベストを含んでいるか否かを判定します。

◇顕微鏡による定性分析の結果、3000粒子中にアスベストが4繊維状粒子以上の場合は、アスベスト含有建材となります

●定量分析
アスベスト含有率を基底標準吸収補正法によるX線回折分析法により分析します。

◇含有率0.1%超の場合は、アスベスト含有建材となります。

2)天然鉱物中のアスベスト含有率分析

X線回折法により標準試料との比較でアスベストの含有率が0.1%を超えていないかを判定します。

分散染色法

分散染色分析法では位相差顕微鏡を使用し、石綿繊維と他の繊維状物質の屈折率の違いを利用して分析を行い、アスベストの含有を調べる方法です。
位相差顕微鏡で分散色を示す繊維があるか確認し、分散色を示す繊維が確認された標本の繊維の種類と繊維数を記録します。その記録をもとに分析を行い、アスベストの含有を調べます。

X線回折分析法

X線回折分析法ではX線回析装置を使用し、採取した試料にX線を照射します。
X線は結晶によって回折され、その回折方向と回折されたX線の強さを計測することで存在する結晶物の定性分析を行い、アスベストの含有を調べる方法です。

空気中のアスベスト測定

アスベスト含有の吹付け材が使用されている建築物などを維持管理する場合、自治体によっては、室内空気中のアスベスト濃度測定を定期的に実施しています。また、アスベスト工事等においても、施工前・施工中・施工後の空気中のアスベスト濃度測定が必要とされています。

岩盤掘削工事とアスベスト測定
山岳トンネル工事や切土工事の岩掘削中に岩中のアスベストが飛散する恐れがあることが、報告されています。恐れのある岩種とアスベストの種類として、「蛇紋岩とクリソタイル」が報告されていますので、工事中の作業環境対策としての、岩石のアスベスト分析が必要なってきています。

 


大気中アスベスト粉塵濃度測定

 

アスベスト分析調査に関する講習会(講師)

  • 香川県競売不動産不動産評価事務研究会 講師 (H18年1月)
     〜アスベスト調査と対策について
  • 徳島県競売不動産不動産評価事務研究会 講師 (H18年4月)
     〜競売評価にあたってのアスベストに関する初期調査手順について
  • 四国賃貸住宅経営協会 講師 (H18年5月)
     〜アスベストの調査と対策について

関連法令

  • 労働安全衛生法(S47年8月政令第318号)
  • 石綿障害予防規則 (H17年2月厚生労働省令第21号)第3条第2項
  • JIS A 1481-2008:建材製品中のアスベスト含有率測定方法(H20年6月改正)
  • 基安化発第0821001号:建材中の石綿含有率の分析方法に係る留意事項について(H18年8月厚生労働省労働基準局安全衛生部化学物質対策課長)
  • 基発第0821002号:建材中の石綿含有率の分析方法について(H18年8月厚生労働省労働基準局長)
  • 基安化発第0206003号:石綿障害予防規則第3条第2項の規定による石綿等の使用の有無の分析調査の徹底等について(平成20年2月6日厚生労働省労働基準局安全衛生部化学物質対策課長)
  • 基安化発第0828001号:天然鉱物中の石綿含有率の分析方法について(H18年8月厚生労働省労働基準局安全衛生部化学物質対策課長)
  • 基発第0702003号:蛇紋岩系左官用モルタル混和材による石綿ばく露の防止について(H16年7月H厚生労働省労働基準局長)
  • 大気汚染防止法施行規則 (S46年6月厚生省・通商産業省令第1号)第16条の2及び3第1号

建設コンサルタント 環境防災へのお問合せは